展示会情報
工作機械部門ウェブサイト

X線検査方式リール部品カウンター XQuik III 【高速計数・自動化対応モデル】

リール内の電子部品を数秒でカウント、高速計数・自動化対応モデル XQuik III  新製品

 

Back to Product List


XQuik IIIは、リール部品計数の更なる高速化と自動化のニーズに対応するX線検査方式リール部品カウンターです。
リールIDのスキャンおよび部品の計数を同時に実行、進化を続ける“AccuCount Technology”ソフトウェアは高速・高精度でリール内の部品を認識、煩雑なパラメータ設定やセットアップは不要です。
装置は自動開閉シャッターを標準で装備、ロボットやコンベアを利用した自動検査ラインも容易に構築できます。

特長
  • 高速・高精度部品認識ソフトウェア“AccuCount Technology”
  • 0402サイズ部品も自動で認識
  • 7インチリールx4本を同時にカウント(15インチリールは1本)
  • 直感的な操作が可能な大型タッチパネル
  • 自動開閉シャッターを標準装備
  • ロボット等を利用した自動検査ラインの構築も容易
  • 99%以上の計数精度

XQuik III 基本仕様

撮像エリア 400 x 400 mm
X線漏洩線量 1μSv/h以下
管電圧/管電流 40~80kV / 0.75~1.875mA
本体寸法、重量 1000 x 1080 x H2340 mm、1030 kg

関連製品ページ
X線検査方式リール部品カウンターXQuikシリーズ メインページ

iconXQuik IIIに関するお問合せ
下記の「お問合せはこちら」をクリックしてください。

お問い合わせ


facebook

展示会情報

電子機器部門

工作機械部門ウェブサイト